*

睡眠を支配する3つの生体リズム

公開日: : 最終更新日:2014/06/12 睡眠に関する基礎知識

sunlight

生体リズムが睡眠をコントロールしている

人間の体は時間の経過とともに一定の規則でリズムを刻んでいます。このリズムは生体リズムと呼ばれ、体の環境を保つ役割(ホメオスタシス)を果たしています。

例えば体温調節の例を考えてみます。基本的に気温は夜から朝にかけてが一番低く、昼にかけて気温が上がり、夜に近づくにつれてまた低くなっていきます。そこで人間の体は気温に合わせ、朝は体温を低く、昼は高くなるように自動調節して体温の基準を保ちます。この働きがホメオスタシスです。そして、体温は毎日一定のリズムで変動するため生体リズムの一種とも言えます。

上記は体温に関する生体リズムについての話ですが、睡眠についても3つの生体リズムが関わっています。

スポンサーリンク

1.メラトニン

メラトニンは、日の光や照明などの「明るさ」に関係する体内物質で、光を感知すると減少し暗くなると急速に増えることが知られています。眠気を誘発する作用があり、夜になって暗くなると眠くなる原因のひとつと考えられています。

>>メラトニンが体内時計を調整しコンディションを整える

2.睡眠覚醒リズム

脳には、入眠に関わる脳内神経が集まった脳幹という器官があります。脳幹が眠らせる作用を発動させると、大脳の働きが弱まって睡眠に入ります。起床してから8時間後と22時間後は脳幹の入眠システムが強く働くため、生体リズムの一種と考えられます。

3.深部体温のリズム

深部体温は簡単にいうと体の内部の温度のことです。実はこの深部体温にもリズムがあることがわかっています。食事を断ったり一切動かなかったりしても深部体温のリズムはなくならないため、外の要因に影響を受けずにリズムを刻んでいると考えられています。深部体温は起床から11時間後に最も高くなり、22時間後に最低温度となります。

3つのリズムはたやすくズレてしまう

先に紹介した睡眠にまつわる生体リズムのうち、睡眠覚醒リズムはもっともズレやすい生体リズムとなり、寝坊するとすぐにリズムが乱れます。ところが、深部体温リズムはなかなかズレない生体リズムのため、3つのリズムの調和が崩壊してしまいます。いったん寝坊してしまったときに、次の日もまた寝坊してしまうことがあるのはこのリズムの乱れが原因のことが多いようです。このような生体リズムのズレを内的脱同調と言います。

内的脱同調の状態が数週間継続すると、深部体温のリズムも徐々にズレていき、睡眠覚醒リズムと同調しようとします。こうなるとリズムが簡単には戻らなくなります。夜型の人がなかなか朝型にできないのはこれが原因の一つとなります。

どうすればリズムを戻せるのか

実は生体リズムの同調のカギはメラトニンが握っています。というのも、朝起きて光を浴びることでメラトニンが減少し、体内時計をリセットすることができるため、3つの生体リズムのズレをある程度元に戻すことができるからです。ちょっとくらい寝坊してしまっても、太陽の光を浴びることで3つの生体リズムを同調させることが可能なのです。ただし、睡眠覚醒リズムが長期間ズレたり、深部体温リズムまでもが乱れてしまった場合は、メラトニンのリセットだけでは簡単には乱れを治せないので注意が必要です。ズレが大きくなる前に睡眠時間などを普段通りに戻すことが重要です。

関連記事

sleep_learning

子供の教育と睡眠の関係とは?適切な睡眠が好影響を与える

photo credit: something.from.nancy via photopin cc

記事を読む

sleepiness

昼休みのあとに眠くなるのはなぜ?

睡眠覚醒リズムのピークが午後に訪れる 昼休みのあとはどうしても眠くなってしまう、なんてこと

記事を読む

summer_hot

暑い夏や寒い冬に寝つきが悪い、眠れなくなる理由は?

photo credit: camerakarrie via photopin cc 暑い夏も寒い

記事を読む

coffee

コーヒーで眠気を覚ますのがクセになるのは危ない?

カフェインなしで睡眠習慣をつけることは可能 寝起きが悪かったり、朝が弱いなどの理由で、朝に

記事を読む

sesujinobasu

夕方や夜の眠気を効果的に解消する対策方法

深部体温を簡単に上げて夜の眠気に対応する 夕方以降に眠気が襲ってくるのは、夕方から徐々に深

記事を読む

winter_sleep

春になると眠くなるはウソ?秋から冬にかけて眠くなる仕組み

photo credit: blmiers2 via photopin cc 人間にも冬眠のシステ

記事を読む

sinbutaion

深部体温リズムが夜の眠気をもたらす

深部体温リズムが夕方以降のコンディションを左右する 人間には、大きく分けて二つの体温があり

記事を読む

fear

ストレスは寝ても解消しない!睡眠による記憶整理のしくみ

photo credit: *eddie via photopin cc 恐怖感は眠るほどに定着す

記事を読む

badmood

寝起きが悪いならコルチゾールを減らす練習で改善

朝すっきり目覚めるための方法とは 朝起きるときに、人間の体の中ではコルチゾールという副腎皮

記事を読む

bluemonday

休日の「寝だめ」がブルーマンデーの原因になる

月曜日が憂鬱にならないようにするためのコツとは 技術が発展し生活はどんどん便利になっていき

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

話題の快眠枕

PAGE TOP ↑