*

休日の「寝だめ」がブルーマンデーの原因になる

公開日: : 最終更新日:2014/06/12 睡眠に関する基礎知識

bluemonday

月曜日が憂鬱にならないようにするためのコツとは

技術が発展し生活はどんどん便利になっていきますが、それだけ日々の生活はどんどん忙しくなっているように思われます。仕事が忙しく、帰りが遅くて睡眠不足気味…という人も少なからずいることでしょう。そこで自由な週末を迎えてしまうと、昼過ぎまで眠っていたくなるのもわかります。

休日にいつもよりたくさん眠ることを寝だめと言ったりしますが、実は寝だめしても睡眠効果を体内にためておくことはできないことがわかっています。確かに長く眠ることで脳内の睡眠物質を限りなくゼロにすることは可能ですが、ゼロからさらに減らすことはできないため、起きた後の状態は平日の朝とそれほど変わりはありません。したがって、休日であってもいつもと同じ時間に起きるのが睡眠の質を向上させるための重要なポイントとなります。

ただ、日ごろ睡眠不足で休日はたくさん眠りたいという人もいるでしょう。ところが、休日にいつもよりずっと遅くまで眠っていると、生体リズムが乱れて次の日がとてもつらくなります。

スポンサーリンク

寝だめをすると睡眠覚醒リズムが乱れる

例えば日曜日に3時間寝だめをしたとします。そうなると、睡眠に関わる生体リズムの一つ「睡眠覚醒リズム」が3時間後ろにズレます。

>>睡眠を支配する3つの生体リズム

この場合、仮に月曜日の朝に日光を浴びてメラトニンを減らしても、生体リズムを完全にリセットすることはできなくなります。なぜなら、メラトニン減少による生体リズムのリセットは、本来は体内時計のリセットが目的だからです。体内時計は24時間より1時間長い程度ですので、メラトニンを減らしても睡眠覚醒リズムを戻せるのは約1時間までとなります。

その結果、睡眠覚醒リズムの乱れがその日のうちに治らないため内的脱同調が発生し、早起きによって睡眠時間が減ったため睡眠物質の蓄積も起こります。そのため月曜日は頭はぼんやりし、集中力も散漫になります。頭の中はだんだんとネガティブになって、月曜日がつらいと感じるいわゆるブルーマンデーの状態となります。

ちょっとした寝坊程度なら日光によって生体リズムを戻すことができますが、3時間のズレとなると戻すのには3日程度かかってしまうのです。週の中ごろにようやく仕事のモチベーションが上がってくるのは、生体リズムの同調がそのころまでかかるのが原因だとも言われています。

とはいえ、週の前半にためてしまった睡眠物質は脳内に残ったままです。そのため、金曜日まで脳は眠いままとなり、週末にまた寝だめをしてしまう…といった悪循環が起こってしまうのです。

寝だめをした分は平日に分割して返す

もし寝だめをして睡眠不足の負のスパイラルにおちいってしまった場合は、平日に睡眠物質をちょっとずつ減らしておくという方法がオススメです。日曜日に3時間寝だめした場合は月曜日に3時間分の睡眠物質がためてしまうことになりますが、平日に1日30分程度早寝をすることで3時間分を返済することが可能です。休日も平日と同じ時間に起きるのが理想ですが、なかなか難しい人もいるでしょう。なので、休日に多く寝てしまった分は平日に早寝をして取り戻すようにすればよいのです。起きる時間を普段と同じにしておけば、生体リズムも徐々に元通りになります。

ただし、月曜日に極端に早寝をしてすぐに戻そうとするのはおすすめしません。寝だめによって睡眠覚醒リズムが後ろにズレている状態なので、何時間も早寝をしようとしてもなかなか寝付けないことがあるのです。数十分の早寝であればできる方が多いので、少しずつ睡眠時間を早くするほうが簡単です。

関連記事

sunlight

睡眠を支配する3つの生体リズム

生体リズムが睡眠をコントロールしている 人間の体は時間の経過とともに一定の規則でリズムを刻

記事を読む

sensitivitytocold

冷え性の人は睡眠不足や不眠症になりやすい

冷え性だと深部体温がうまく下がらず寝つきにくくなる 人間の睡眠には深部体温が深く関わってい

記事を読む

sleep_learning

子供の教育と睡眠の関係とは?適切な睡眠が好影響を与える

photo credit: something.from.nancy via photopin cc

記事を読む

winter_sleep

春になると眠くなるはウソ?秋から冬にかけて眠くなる仕組み

photo credit: blmiers2 via photopin cc 人間にも冬眠のシステ

記事を読む

sleeping_time

最適な睡眠時間は何時間なのか?8時間睡眠論はホント?

睡眠時間はほどほどが一番いい 「何時間眠れば疲れがとれるのか」 「何時間眠るのが最適なの

記事を読む

serotoningraph

体内のメラトニンが増減する仕組み

人がすっきり目覚めてスムーズに眠れる秘密 朝に光を浴びるとメラトニンが減ってすっきりと目覚め、

記事を読む

nease

寝汗の意味は何?寝汗をかかないようにできる?

寝汗をかいて体温を調整する  眠っている時の汗は「寝汗」と呼ばれます。寝汗は体の深部温度調

記事を読む

sesujinobasu

夕方や夜の眠気を効果的に解消する対策方法

深部体温を簡単に上げて夜の眠気に対応する 夕方以降に眠気が襲ってくるのは、夕方から徐々に深

記事を読む

wake_up_late

寝坊しても次の日に引きずらないための対策

寝坊したら意識して朝の光を浴びよう 誰にでもうっかり寝坊してしまう日はあります。そういうと

記事を読む

melatonin

メラトニンが体内時計を調整しコンディションを整える

メラトニン睡眠だけでなく生活リズムにも深く関係している メラトニンはさまざまな作用があると

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

話題の快眠枕

PAGE TOP ↑