*

「 睡眠に関する基礎知識 」 一覧

睡眠不足は健康被害だけでなく経済的損失を生み出す

不眠不休で働いても稼ぎはよくならない 日本では、睡眠不足になっても眠らずに働き続けることが大事とされる考え方が根強く残っています。ここ数年でブラック企業という言葉が生まれましたが、これも睡眠

続きを見る

寝起きが悪いならコルチゾールを減らす練習で改善

朝すっきり目覚めるための方法とは 朝起きるときに、人間の体の中ではコルチゾールという副腎皮質ホルモンが多く分泌されます。コルチゾールはたんぱく質を糖分に変化させる作用を持っており、脳を覚醒さ

続きを見る

夕方や夜の眠気を効果的に解消する対策方法

深部体温を簡単に上げて夜の眠気に対応する 夕方以降に眠気が襲ってくるのは、夕方から徐々に深部体温が下がってくるのが原因の一つです。 >>深部体温リズムが夜の眠気をもたらす つまり

続きを見る

深部体温リズムが夜の眠気をもたらす

深部体温リズムが夕方以降のコンディションを左右する 人間には、大きく分けて二つの体温があります。一つはからだの表面の体温で、もう一つが深部体温です。深部体温は直腸の温度で計測するので、直腸体

続きを見る

電車の中で猛烈に眠くなるのはなぜ?

終電を乗り過ごしてしまう理由とは 仕事が終わり、帰りの電車でうっかり寝てしまって、目的の駅を乗り過ごす…。そんな経験をしたことがある人もいるでしょう。乗り換えれば帰れる時間帯ならまだいいので

続きを見る

仮眠する時間がないときの眠気解消方法

ほんの5分目を閉じるだけでも仮眠効果はある 睡眠不足になってしまうと翌日は頭が重くぼんやりした状態になり、作業の効率は落ちてしまいます。そんな時はお昼の仮眠が効果的ですが、仕事で激務をこなし

続きを見る

好きな時間に目覚めるための簡単な方法とは?

目覚める時間は念じることでコントロールできる 午後の14時ころは睡眠覚醒リズムの影響でどうしても眠くなってしまいます。しかし、効果的に仮眠を取ることで眠くならないようにすることは可能です。

続きを見る

午後の眠気には昼休みの仮眠が効果的

目を閉じるだけでアルファ波が発生してリラックス効果が表れる 仕事や学校などで作業をしていると、昼過ぎの14時ころに猛烈に眠くなることがあります。これは、睡眠覚醒リズムの影響が原因です。 >

続きを見る

昼休みのあとに眠くなるのはなぜ?

睡眠覚醒リズムのピークが午後に訪れる 昼休みのあとはどうしても眠くなってしまう、なんてことはありませんか? 午後の業務や会議、授業中など、13時~15時あたりの時間帯は不思議と集中力が途切れ

続きを見る

休日の「寝だめ」がブルーマンデーの原因になる

月曜日が憂鬱にならないようにするためのコツとは 技術が発展し生活はどんどん便利になっていきますが、それだけ日々の生活はどんどん忙しくなっているように思われます。仕事が忙しく、帰りが遅くて睡眠

続きを見る

話題の快眠枕

話題の快眠枕

PAGE TOP ↑