*

コーヒーで眠気を覚ますのがクセになるのは危ない?

公開日: : 最終更新日:2014/06/12 睡眠に関する基礎知識

coffee

カフェインなしで睡眠習慣をつけることは可能

寝起きが悪かったり、朝が弱いなどの理由で、朝にコーヒーを飲んで目覚める習慣を付けている人がいます。コーヒーにはカフェインが含まれており、睡眠物質の働きを阻害するためその瞬間は目が覚めた感じがします。

具体的にメカニズムを説明します。人は何もしなくても、ただ覚醒しているだけで脳内に睡眠物質(プロスタグランディンD2)が蓄積されていきます。プロスタグランディンD2はアデノシンに変換され、覚醒抑制物質GABAを増やします。GABAは脳の神経を鎮静化させる作用があり、脳を覚醒させる働きのあるヒスタミンを抑制するため、GABAが増えると眠くなります。

コーヒーや緑茶などに含まれるカフェインは、アデノシンがGABAを増やす作用を阻害します。結果的に眠気が覚めるわけですが、一つ問題があります。それは、メラトニンは睡眠物質ではないため、カフェインを飲んでもメラトニンの増減とは関係ないということです。したがって、コーヒーを飲んでもメラトニンのリズムを正す力はなく、夜の睡眠の質を上げる効果も期待できません。

したがって、メラトニンのリズムが乱れている間は、いくらコーヒーを飲んでも朝の目覚めは悪いままとなります。なので毎日かかさずコーヒーを飲まないとスッキリ目覚めることができなくなります。根本の問題を残したまま、その場しのぎの対策をしている状態ですね。

スポンサーリンク

毎朝の習慣になるとやめにくくなる

毎日やっていることは、「自分の好きなこと」と勘違いしがちです。毎日朝にコーヒーを飲むのが習慣になっていると、「自分の好きでやっている」と思ってしまい、メラトニンのリズムを治す機会をいつまでも失ってしまうことになります。良かれとおもってしている行動が、間接的に問題の解決を妨げているのです。

朝にしっかり日光を浴びてメラトニンのリズムを正していれば、メラトニンリズムが正常化して自然と睡眠の質が上がり、朝の目覚めもよくなってコーヒーが必要なくなるはずです。朝の光を受けるの習慣化し、コーヒーなしで元気に過ごせるようになりましょう。

>>メラトニンが体内時計を調整しコンディションを整える

関連記事

sesujinobasu

夕方や夜の眠気を効果的に解消する対策方法

深部体温を簡単に上げて夜の眠気に対応する 夕方以降に眠気が襲ってくるのは、夕方から徐々に深

記事を読む

badmood2

しっかり眠っても目覚めがスッキリするとは限らない

photo credit: Ronan_C via photopin cc 寝起きのよさは睡眠時間

記事を読む

melatonin

メラトニンが体内時計を調整しコンディションを整える

メラトニン睡眠だけでなく生活リズムにも深く関係している メラトニンはさまざまな作用があると

記事を読む

closeyoureyes

仮眠する時間がないときの眠気解消方法

ほんの5分目を閉じるだけでも仮眠効果はある 睡眠不足になってしまうと翌日は頭が重くぼんやり

記事を読む

economicloss

睡眠不足は健康被害だけでなく経済的損失を生み出す

不眠不休で働いても稼ぎはよくならない 日本では、睡眠不足になっても眠らずに働き続けることが

記事を読む

sunlight

睡眠を支配する3つの生体リズム

生体リズムが睡眠をコントロールしている 人間の体は時間の経過とともに一定の規則でリズムを刻

記事を読む

sunlight02

朝が弱いなら早めに日光を浴びてメラトニンを減らそう

すっきりした目覚めのコツは起床後4時間以内の日光にあり 朝の日光を浴びると、メラトニンが減

記事を読む

nease

寝汗の意味は何?寝汗をかかないようにできる?

寝汗をかいて体温を調整する  眠っている時の汗は「寝汗」と呼ばれます。寝汗は体の深部温度調

記事を読む

bluemonday

休日の「寝だめ」がブルーマンデーの原因になる

月曜日が憂鬱にならないようにするためのコツとは 技術が発展し生活はどんどん便利になっていき

記事を読む

sleep-wake rhythm

午後の眠気には昼休みの仮眠が効果的

目を閉じるだけでアルファ波が発生してリラックス効果が表れる 仕事や学校などで作業をしていると、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

話題の快眠枕

PAGE TOP ↑