*

しっかり眠っても目覚めがスッキリするとは限らない

公開日: : 睡眠に関する基礎知識

badmood2photo credit: Ronan_C via photopin cc

寝起きのよさは睡眠時間とは無関係

しっかり熟睡すれば起こされてもスッキリ目覚めて寝起きもいい、というのは間違いで、実際には関係ありません。睡眠にはノンレム睡眠とレム睡眠があり、ノンレム睡眠のタイミングで起こされるとなかなか目覚めることができず、寝ぼけた状態から回復するのに時間がかかります。

>>レム睡眠とノンレム睡眠とは?夢との関係

ノンレム睡眠時は心拍数や呼吸数は安定しており、ぐっすりと寝息を立てて寝ている状態となります。そして、継続して寝汗をかくことも知られています。これは、寝汗によって体の熱を逃がし、体温、とくに脳の温度を下げて脳を休めているのです。このタイミングで覚醒すると、大脳がほぼ休んでいるため脳の働きが開始するまでに時間がかかるのです。また、瞳孔が開いているため突然覚醒すると外の光をとてもまぶしく感じてしまいます。さらに、コルチゾールが急激に分泌されることでストレスを感じて寝起きが悪くなります。

>>寝起きが悪いならコルチゾールを減らす練習で改善

起こそうとする人は寝ている相手がレム睡眠かノンレム睡眠かをすぐに判断できないため、気にせずに起こそうとします。したがって、十分睡眠時間をとっていても、起こされたタイミングがノンレム睡眠なことは十分にありえます。

スポンサーリンク

ノンレム睡眠は脳を休ませるために必要

ノンレム睡眠は脳を休ませるために存在しています。人間の大脳は進化の過程で非常に大きくなっており、健康に維持するためには大量の休息が必要となります。そのため、長い間起きていればいるほど、長いノンレム睡眠が必要となるのです。そのため、睡眠不足気味だとノンレム睡眠の比率が高まり、十分な睡眠をとっても起こされたときに目覚めが悪くなってしまう可能性が高くなります。日ごろから規則正しい睡眠をとり、朝方にレム睡眠がくるように調整することが重要となります。

関連記事

wake_up_late

寝坊しても次の日に引きずらないための対策

寝坊したら意識して朝の光を浴びよう 誰にでもうっかり寝坊してしまう日はあります。そういうと

記事を読む

sinbutaion

深部体温リズムが夜の眠気をもたらす

深部体温リズムが夕方以降のコンディションを左右する 人間には、大きく分けて二つの体温があり

記事を読む

closeyoureyes

仮眠する時間がないときの眠気解消方法

ほんの5分目を閉じるだけでも仮眠効果はある 睡眠不足になってしまうと翌日は頭が重くぼんやり

記事を読む

serotoningraph

体内のメラトニンが増減する仕組み

人がすっきり目覚めてスムーズに眠れる秘密 朝に光を浴びるとメラトニンが減ってすっきりと目覚め、

記事を読む

sunlight02

朝が弱いなら早めに日光を浴びてメラトニンを減らそう

すっきりした目覚めのコツは起床後4時間以内の日光にあり 朝の日光を浴びると、メラトニンが減

記事を読む

melatonin

メラトニンが体内時計を調整しコンディションを整える

メラトニン睡眠だけでなく生活リズムにも深く関係している メラトニンはさまざまな作用があると

記事を読む

sleep_learning

子供の教育と睡眠の関係とは?適切な睡眠が好影響を与える

photo credit: something.from.nancy via photopin cc

記事を読む

fear

ストレスは寝ても解消しない!睡眠による記憶整理のしくみ

photo credit: *eddie via photopin cc 恐怖感は眠るほどに定着す

記事を読む

morning

朝が弱くて起きられない子どもに有効な対策方法とは?

寝坊の改善は家族やパートナーの働きかけも重要 朝、なかなか起きられない息子や娘に苦労されて

記事を読む

058845

電車の中で猛烈に眠くなるのはなぜ?

終電を乗り過ごしてしまう理由とは 仕事が終わり、帰りの電車でうっかり寝てしまって、目的の駅

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

話題の快眠枕

PAGE TOP ↑