*

昼休みのあとに眠くなるのはなぜ?

睡眠覚醒リズムのピークが午後に訪れる 昼休みのあとはどうしても眠くなってしまう、なんてことはありませんか? 午後の業務や会議、授業中など、13時~15時あたりの時間帯は不思議と集中力が途切れ

休日の「寝だめ」がブルーマンデーの原因になる

月曜日が憂鬱にならないようにするためのコツとは 技術が発展し生活はどんどん便利になっていきますが、それだけ日々の生活はどんどん忙しくなっているように思われます。仕事が忙しく、帰りが遅くて睡眠

朝が弱くて起きられない子どもに有効な対策方法とは?

寝坊の改善は家族やパートナーの働きかけも重要 朝、なかなか起きられない息子や娘に苦労されているお母さんは多いと思います。しかし、きつく注意したり、放置して自分で改善するように促すのは逆効果な

コーヒーで眠気を覚ますのがクセになるのは危ない?

カフェインなしで睡眠習慣をつけることは可能 寝起きが悪かったり、朝が弱いなどの理由で、朝にコーヒーを飲んで目覚める習慣を付けている人がいます。コーヒーにはカフェインが含まれており、睡眠物質の

寝坊しても次の日に引きずらないための対策

寝坊したら意識して朝の光を浴びよう 誰にでもうっかり寝坊してしまう日はあります。そういうときにただ諦めてしまうと、睡眠覚醒リズムがズレたままになってしまい、次の日にまた寝坊してしまいやすくな

体内のメラトニンが増減する仕組み

人がすっきり目覚めてスムーズに眠れる秘密 朝に光を浴びるとメラトニンが減ってすっきりと目覚め、夜暗くなってくるとメラトニンが増えて眠くなってきます。 >>メラトニンが体内時計を調整しコンデ

朝が弱いなら早めに日光を浴びてメラトニンを減らそう

すっきりした目覚めのコツは起床後4時間以内の日光にあり 朝の日光を浴びると、メラトニンが減少して体内時計をリセットすることができます。 >>メラトニンが体内時計を調整しコンディションを

オフィスの明るさが不眠症の原因になる?

デスクワークのビジネスマンの不眠 オフィスにいると、昼間でも外よりもオフィスの中の方が明るく見えます。そのため、朝から夜までオフィス内にいると、ずっと明るい環境で働いている感覚がありますよね

メラトニンが体内時計を調整しコンディションを整える

メラトニン睡眠だけでなく生活リズムにも深く関係している メラトニンはさまざまな作用があるとされており、まだわからない部分も多い体内物質ですが、ここでは体内時計への作用に絞って説明していきます

睡眠を支配する3つの生体リズム

生体リズムが睡眠をコントロールしている 人間の体は時間の経過とともに一定の規則でリズムを刻んでいます。このリズムは生体リズムと呼ばれ、体の環境を保つ役割(ホメオスタシス)を果たしています。

話題の快眠枕

PAGE TOP ↑