*

睡眠不足は健康被害だけでなく経済的損失を生み出す

公開日: : 最終更新日:2014/06/12 睡眠に関する基礎知識

economicloss

不眠不休で働いても稼ぎはよくならない

日本では、睡眠不足になっても眠らずに働き続けることが大事とされる考え方が根強く残っています。ここ数年でブラック企業という言葉が生まれましたが、これも睡眠時間を削ってでも残業して働くことが美徳とされているために、社員が不眠不休で働かされている会社を見過ごしてきたのが原因でしょう。

そうでなくても、現代社会は24時間休まず動いています。そのため、いろいろな職業で夜勤やシフト勤務が行われるようになっています。

こういった人たちは、一般的な時間帯に睡眠することができません。そのため慢性的な睡眠不足となりやすいですが、根性で乗り切ろうとしてしまいがちです。しかし、いくら気力があっても、普段なら考えられないようなミスが発生することはデータからも明らかです。

アメリカのスリーマイル島原発事故やアラスカ沖のタンカー座礁事故などの人災事故は早朝の時間帯に起こっています。つまり、無理のあるスケジュールの睡眠不足によるヒューマンエラーが主な原因であったことが示されているのです。徹夜をすると、ビールを大びん一本飲んだときと同じくらい判断力が下がることが実験によりわかっています。つまり、これらの事故が起きたとき、作業員は飲酒をしたのと同じ状態で作業していたのと同じ状態になっていたのです。

アメリカでは、すでに睡眠不足によるヒューマンエラーの経済的損失についての研究がおこなわれており、年間10兆円の損失があると試算されています。

スポンサーリンク

睡眠不足を解消することで仕事の効率が上がる

残業が多い人の特徴として、「自分は時間の管理が苦手だ」と考える人が少なからずいることが挙げられます。時間の管理がうまくないから、その分残業をして取り戻さないといけないと思っているのです。

ところが、実際は因果関係が逆になっていることが多いのです。つまり、残業によって生体リズムが乱れ、睡眠の質が下がっているために脳の働きが悪くなり、作業効率が落ちて残業しないと仕事が終わらなくなってしまうのです。

実際、朝起きたときにつとめて日光を浴びるようにし、メラトニンを減らして生体リズムを戻すことで解決した例もあります。睡眠の質が高まることにより、前頭葉の働きが改善し、必要な作業の取捨選択ができるようになったのです。その結果、仕事で十分な能力が発揮できるようになったそうです。

>>体内のメラトニンが増減する仕組み

この例の場合、経済的損失は「残業による無駄な作業時間」ということになります。これが解決されたことにより、より質の高い仕事ができるようになり、経済的効果を生み出すことができるようになります。

また、生体リズムの改善によって、朝が弱い子供が自分の力で起きられるようになった、などの例もあります。この場合、「朝の忙しい時間に子供を起こす手間」が経済的損失となりますが、これがなくなることによって朝を有意義に過ごすことができるようになり、経済的効果が生まれます。

つまり、睡眠不足による経済的損失はなにもビジネスに関わる部分だけでなく、誰にでも起こりうることなのです。そこを改善することによって、健康面だけでなく、経済面でも効果を得ることができます。

関連記事

sunlight02

朝が弱いなら早めに日光を浴びてメラトニンを減らそう

すっきりした目覚めのコツは起床後4時間以内の日光にあり 朝の日光を浴びると、メラトニンが減

記事を読む

sensitivitytocold

冷え性の人は睡眠不足や不眠症になりやすい

冷え性だと深部体温がうまく下がらず寝つきにくくなる 人間の睡眠には深部体温が深く関わってい

記事を読む

badmood

寝起きが悪いならコルチゾールを減らす練習で改善

朝すっきり目覚めるための方法とは 朝起きるときに、人間の体の中ではコルチゾールという副腎皮

記事を読む

coffee

コーヒーで眠気を覚ますのがクセになるのは危ない?

カフェインなしで睡眠習慣をつけることは可能 寝起きが悪かったり、朝が弱いなどの理由で、朝に

記事を読む

sesujinobasu

夕方や夜の眠気を効果的に解消する対策方法

深部体温を簡単に上げて夜の眠気に対応する 夕方以降に眠気が襲ってくるのは、夕方から徐々に深

記事を読む

wake_up_late

寝坊しても次の日に引きずらないための対策

寝坊したら意識して朝の光を浴びよう 誰にでもうっかり寝坊してしまう日はあります。そういうと

記事を読む

fear

ストレスは寝ても解消しない!睡眠による記憶整理のしくみ

photo credit: *eddie via photopin cc 恐怖感は眠るほどに定着す

記事を読む

morning

朝が弱くて起きられない子どもに有効な対策方法とは?

寝坊の改善は家族やパートナーの働きかけも重要 朝、なかなか起きられない息子や娘に苦労されて

記事を読む

sleeping_time

最適な睡眠時間は何時間なのか?8時間睡眠論はホント?

睡眠時間はほどほどが一番いい 「何時間眠れば疲れがとれるのか」 「何時間眠るのが最適なの

記事を読む

bluemonday

休日の「寝だめ」がブルーマンデーの原因になる

月曜日が憂鬱にならないようにするためのコツとは 技術が発展し生活はどんどん便利になっていき

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

話題の快眠枕

PAGE TOP ↑