*

暑い夏や寒い冬に寝つきが悪い、眠れなくなる理由は?

公開日: : 睡眠に関する基礎知識

summer_hotphoto credit: camerakarrie via photopin cc

暑い夏も寒い冬も寝つきは悪くなる

 夏の暑い日に、寝苦しくてなかなか眠れない経験をしたことがあるはずです。反対に、寒い冬に布団の冷たさが気になって眠れないこともあります。寒くて途中で目が覚めることもあります。

これは気温の高さや低さが不快に感じて眠れない、という単純な話ではありません。実は、しっかりとした理由があります。

スポンサーリンク

体温が下がると眠気が生じる

 爬虫類などの変温動物は、外の気温が下がるにつれて体内温度も下がり、次第に活動できなくなって睡眠に入ります。しかし、哺乳類は恒温動物なので、外の温度の影響があっても体温を保つことができます。

したがって、睡眠も外の気温の影響はそれほど受けず、体温を自分自身で下げることで眠気を引き起こします。

>>夕方や夜の眠気を効果的に解消する対策方法

 夜に眠くなるのは身体の深部体温が下がっているためですが、身体はポカポカと暖かく感じます。これは、手先やつま先などの、身体の表面を温かくすることで、体内の熱を放出しているからなのです。脳の睡眠をつかさどる部分(睡眠中枢)は積極的に体から外に向けて熱を逃がすことで体内温度を効率的に低くして、睡眠に促しているのです。赤ちゃんも眠くなると手足の先が温かくなっていきますが、これも脳の睡眠中枢が体温を下げようとして体から熱を放出しているからなのです。

では、体が温かくならないとどうなるか? 体が熱を放出できなくなり、深部体温が下がらないため寝つきが悪くなります。冬の場合は手足の血管が縮んで体温を放出しないようにするので、深部体温が下がらずに寝つけなくなるのです。また、冷え性などで手足が冷たい人は、熱を逃がすことができないため入眠しにくくなります。

夏の場合も同様です。日本の夏は高温多湿なので、手足から汗をかいてもうまく放熱できません。そのため深部体温が下がりにくく、寝苦しく感じてしまうのです。

>>冷え性の人は睡眠不足や不眠症になりやすい

 冬の寒い日に、布団にもぐりこんで体を温めると、徐々に血管が開いて手足が放熱を初め、眠る体勢に入ることができます。夏の場合は、部屋を乾燥させてやればずっと寝つきがよくなります。

 結局のところ、冬でも夏でも寝つきが悪くなるのは、深部体温がうまく下げられないことが原因なのです。

関連記事

058845

電車の中で猛烈に眠くなるのはなぜ?

終電を乗り過ごしてしまう理由とは 仕事が終わり、帰りの電車でうっかり寝てしまって、目的の駅

記事を読む

sinbutaion

深部体温リズムが夜の眠気をもたらす

深部体温リズムが夕方以降のコンディションを左右する 人間には、大きく分けて二つの体温があり

記事を読む

closeyoureyes

仮眠する時間がないときの眠気解消方法

ほんの5分目を閉じるだけでも仮眠効果はある 睡眠不足になってしまうと翌日は頭が重くぼんやり

記事を読む

economicloss

睡眠不足は健康被害だけでなく経済的損失を生み出す

不眠不休で働いても稼ぎはよくならない 日本では、睡眠不足になっても眠らずに働き続けることが

記事を読む

nease

寝汗の意味は何?寝汗をかかないようにできる?

寝汗をかいて体温を調整する  眠っている時の汗は「寝汗」と呼ばれます。寝汗は体の深部温度調

記事を読む

braintimer

好きな時間に目覚めるための簡単な方法とは?

目覚める時間は念じることでコントロールできる 午後の14時ころは睡眠覚醒リズムの影響でどう

記事を読む

sleep-wake rhythm

午後の眠気には昼休みの仮眠が効果的

目を閉じるだけでアルファ波が発生してリラックス効果が表れる 仕事や学校などで作業をしていると、

記事を読む

sesujinobasu

夕方や夜の眠気を効果的に解消する対策方法

深部体温を簡単に上げて夜の眠気に対応する 夕方以降に眠気が襲ってくるのは、夕方から徐々に深

記事を読む

sunlight

睡眠を支配する3つの生体リズム

生体リズムが睡眠をコントロールしている 人間の体は時間の経過とともに一定の規則でリズムを刻

記事を読む

sleeping_time

最適な睡眠時間は何時間なのか?8時間睡眠論はホント?

睡眠時間はほどほどが一番いい 「何時間眠れば疲れがとれるのか」 「何時間眠るのが最適なの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

話題の快眠枕

PAGE TOP ↑