*

朝が弱くて起きられない子どもに有効な対策方法とは?

公開日: : 最終更新日:2014/06/12 睡眠に関する基礎知識

morning

寝坊の改善は家族やパートナーの働きかけも重要

朝、なかなか起きられない息子や娘に苦労されているお母さんは多いと思います。しかし、きつく注意したり、放置して自分で改善するように促すのは逆効果なことがあります。

よく寝坊してしまう人にありがちなのが、困るのは自分だけという考え方をしてしまうことです。そして、寝坊してしまっても「誰かに迷惑をかけているわけじゃないし、別にいいだろう」と感じてしまい、強く注意しても効果が出ません。そればかりか、大きな声を上げたり体を揺らしたりするのは起こす方も起こされる方も気分はよくないため、家族の関係が悪くなってしまう恐れもあります。

スポンサーリンク

だからといって、自分で治すことを期待して何もしないでいるのもよくありません。寝坊しているということは、体の生体リズムが乱れているということなので、自分の意思だけで治すのは並大抵のことではありません。大人ならまだしも、学生のうちは精神も知識も未熟なので、生体リズムを自分一人の力で治すのは困難でしょう。

>>睡眠を支配する3つの生体リズム

自分以外の家族にメラトニンのリズムを改善させる

なかなか起きてこない家族を朝すっきり起きられるようにするには、メラトニンの効果を上手に使うとよいでしょう。朝にしっかりメラトニンを減らし、それを毎日継続できれば、自然と相手は朝すっきりと目覚めるようになります。

>>朝が弱いなら早めに日光を浴びてメラトニンを減らそう

そこで思いつくのが、部屋のカーテンを開けて日光を入れてやるというアイデアです。確かに、部屋が明るくなって目覚めやすくなるほか、日光によってメラトニン減少効果が期待できます。

しかし、これだけではまだ足りません。日光の効果は確かにありますが、相手にとっては急に外が明るくなってびっくりし、不快に感じる可能性があります。最終目標はお互い嫌な思いをせずに全員が目覚めることですから、もう一工夫必要です。

そこでオススメなのが、カーテンを開ける前に一声かける方法です。「カーテン開けるよ」とか「部屋を明るくするよ」と声をかけてからカーテンを開けると、相手の脳にかかるストレスを軽減することができるのです。脳には事前に情報を与えるとその後の行動が円滑になる促通(そくつう)という効果があり、一声かけることで無意識的に体が準備できるため、不快感を減らすことができるのです。例えばみんなで一斉にジャンプするときに「せーの」と言ったりしますが、これが促通にあたります。

カーテンを開けてメラトニンを減らしてやる効果には即効性はありませんが、毎日続けていると相手は1カ月ほどでだんだんと朝に起きられるようになるはずです。家族全員が自分一人の力ですっきり起きられれば、それだけで家族みんなが明るく朝を迎えることができます。

関連記事

sleep_learning

子供の教育と睡眠の関係とは?適切な睡眠が好影響を与える

photo credit: something.from.nancy via photopin cc

記事を読む

sinbutaion

深部体温リズムが夜の眠気をもたらす

深部体温リズムが夕方以降のコンディションを左右する 人間には、大きく分けて二つの体温があり

記事を読む

badmood2

しっかり眠っても目覚めがスッキリするとは限らない

photo credit: Ronan_C via photopin cc 寝起きのよさは睡眠時間

記事を読む

wake_up_late

寝坊しても次の日に引きずらないための対策

寝坊したら意識して朝の光を浴びよう 誰にでもうっかり寝坊してしまう日はあります。そういうと

記事を読む

sunlight

睡眠を支配する3つの生体リズム

生体リズムが睡眠をコントロールしている 人間の体は時間の経過とともに一定の規則でリズムを刻

記事を読む

sensitivitytocold

冷え性の人は睡眠不足や不眠症になりやすい

冷え性だと深部体温がうまく下がらず寝つきにくくなる 人間の睡眠には深部体温が深く関わってい

記事を読む

closeyoureyes

仮眠する時間がないときの眠気解消方法

ほんの5分目を閉じるだけでも仮眠効果はある 睡眠不足になってしまうと翌日は頭が重くぼんやり

記事を読む

winter_sleep

春になると眠くなるはウソ?秋から冬にかけて眠くなる仕組み

photo credit: blmiers2 via photopin cc 人間にも冬眠のシステ

記事を読む

sunlight02

朝が弱いなら早めに日光を浴びてメラトニンを減らそう

すっきりした目覚めのコツは起床後4時間以内の日光にあり 朝の日光を浴びると、メラトニンが減

記事を読む

melatonin

メラトニンが体内時計を調整しコンディションを整える

メラトニン睡眠だけでなく生活リズムにも深く関係している メラトニンはさまざまな作用があると

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

話題の快眠枕

PAGE TOP ↑