*

寝坊しても次の日に引きずらないための対策

公開日: : 睡眠に関する基礎知識

wake_up_late

寝坊したら意識して朝の光を浴びよう

誰にでもうっかり寝坊してしまう日はあります。そういうときにただ諦めてしまうと、睡眠覚醒リズムがズレたままになってしまい、次の日にまた寝坊してしまいやすくなります。寝坊が続くと今度はどんどん深部体温リズムが狂ってしまい、簡単には元に戻せなくなります。ただ遅刻ぐせがつくだけならまだしも、「また寝坊してしまうかも…」という不安から不眠症や睡眠障害になってしまうと元も子もありません。

>>睡眠を支配する3つの生体リズム

そうならないよう、寝坊したときは普段よりも意識して朝の光を浴びるようにしましょう。そうすれば、メラトニンをしっかりと減らすことができます。メラトニンには、朝に減らせるだけ減らすと、暗くなったときにより多く分泌されるという特徴があるので、夜にしっかりと眠くなり、早寝早起きしやすくなります。

>>朝が弱いなら早めに日光を浴びてメラトニンを減らそう

メラトニンを減らすためには朝にできるだけ日光を浴びるのが望ましいですが、5分間だけでも効果はあることがわかっています。寝坊してしまったときも、慌てないで5分間は光を浴びるように心がけましょう。タイムリミットは4時間なので、出勤したり登校したあとで意識して外を見つめるだけでも効果は期待できます。

関連記事

fear

ストレスは寝ても解消しない!睡眠による記憶整理のしくみ

photo credit: *eddie via photopin cc 恐怖感は眠るほどに定着す

記事を読む

summer_hot

暑い夏や寒い冬に寝つきが悪い、眠れなくなる理由は?

photo credit: camerakarrie via photopin cc 暑い夏も寒い

記事を読む

sleepiness

昼休みのあとに眠くなるのはなぜ?

睡眠覚醒リズムのピークが午後に訪れる 昼休みのあとはどうしても眠くなってしまう、なんてこと

記事を読む

coffee

コーヒーで眠気を覚ますのがクセになるのは危ない?

カフェインなしで睡眠習慣をつけることは可能 寝起きが悪かったり、朝が弱いなどの理由で、朝に

記事を読む

economicloss

睡眠不足は健康被害だけでなく経済的損失を生み出す

不眠不休で働いても稼ぎはよくならない 日本では、睡眠不足になっても眠らずに働き続けることが

記事を読む

medium_7988862191

なぜ人は眠くなる?睡眠のメカニズム

photo credit: 'Ajnagraphy' via photopin cc 睡眠物質の蓄

記事を読む

bluemonday

休日の「寝だめ」がブルーマンデーの原因になる

月曜日が憂鬱にならないようにするためのコツとは 技術が発展し生活はどんどん便利になっていき

記事を読む

badmood2

しっかり眠っても目覚めがスッキリするとは限らない

photo credit: Ronan_C via photopin cc 寝起きのよさは睡眠時間

記事を読む

closeyoureyes

仮眠する時間がないときの眠気解消方法

ほんの5分目を閉じるだけでも仮眠効果はある 睡眠不足になってしまうと翌日は頭が重くぼんやり

記事を読む

nease

寝汗の意味は何?寝汗をかかないようにできる?

寝汗をかいて体温を調整する  眠っている時の汗は「寝汗」と呼ばれます。寝汗は体の深部温度調

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

話題の快眠枕

PAGE TOP ↑